レーシック
 
 
  サイトメニュー
 

レーシックに年齢って関係あるの?

レーシックに年齢は関係あるのでしょうか?レーシック(LASIK)とは「Laser in situ Keratomileusis」の略語で、レーザー治療による視力回復手術の事です。

Keratomileusisはギリシャ語で角膜修正という意味があり、直訳でいうとレーザーで角膜の調整を行うという事になります。レーシックのメリットは裸眼への視力回復です。

従って、効果はよく見えるというだけではなく、メガネやコンタクトレンズの使用も不要となることが最大のメリットではないでしょうか。

レーシックの年齢は、通常一般的には20歳~60歳と言われています。
但し、未成年でも必要性があり、親の同意が得られれば手術は可能ですし、60歳以上の高齢者であっても目の健康状態が良好であれば手術は可能とされています。

しかし、レーシックを行う事のメリットに関しては賛否両論です。レーシックの年齢を考えた場合に適性を問う部分が多いためです。

若い時に近視が無い方であれば、高齢になる時に遠視でメガネが必要になっていくし、逆に若い時に近視でメガネをかけていた方は高齢時の遠視はメガネが不要な場合もあります。

もちろん、遠近両用のメガネが必要で手放せない方も当然います。その意味においてはどの部分にレーシックのメリットを求めるかが大切になります。

基本的にほとんどの方が高齢になれば遠視によるメガネが必要になりますので、レーシックの年齢は近視の強度にもよりますが、若いうちに腕のある医者に行ってもらうのが良いかもしれません。


 

レーシック関連オススメ情報

v class="w">東京でレーシック手術・視力回復なら【新宿近視クリニック】www.sbc-lasik.jp/ - キャッシュ高い顧客満足度を誇る新宿近視クリニック。レーシックやReLEx SMILE(リレックススマイル)手術・多焦点眼内レンズを使用した老眼治療において最先端の機器を駆使し、より安心・安全な治療をご提供します.
東京でレーシック手術・視力回復なら【新宿近視クリニック】
v class="hd">屈折矯正手術(レーシック・PRK・ICL)について - 遠谷眼科www.entani.com > ホーム > レーシック - キャッシュまた、年齢的なことをいうと、若い人の方が年齢の高い人よりもレーシックを受けたことに対する満足度が高いという傾向があります。その理由としては、年齢の高い人はすでに老眼になっているため、レーシックをすると近くが見づらくなり、そのために満足度が低くなるのではないかということです。ですから40代以降の人にとっては、レーシック はよほど遠くを見たいという動機が強くなければ、それほどメリットがある医療技術ではありません。たとえ若い人であっても、手元の作業ばかりしている人には、レーシックの満足度は高く...
屈折矯正手術(レーシック・PRK・ICL)について - 遠谷眼科

 
Copyright(c)お薦めレーシック関連比較サイト All Rights Reserved.